www.smarthomeservicesllc.com

小規模企業共済で節税しましょう

 一口に節税といっても相続税を節税したり、機器や機材の購入頻度で調整したりといろいろな手段がありますね。とはいってもそう頻繁に相続は発生しませんし機材を毎年買い換えるわけにも行きません。サラリーマンの方はともかく個人事業主の方は税金に対する考え方もシビアでしょう。
友人にも教えたサイト→節税 税理士を是非ご覧ください。

 

 そんな方には小規模企業共済の加入をお勧めします。
小規模企業共済とは中小機構が運営する共済のひとつで、簡単に言うと
個人事業主(とその共同経営者と認められる方)の退職金を積み立てていく
貯蓄性の高い共済制度です。1ヶ月に月1,000円から7万円までの500円刻みで掛け金を掛けられます。
情報はこちら会社経営 税理士を参考にしてください。

 

 ここまで聞くと普通の積立預金のように聞こえますが、そうではありません。この共済の特徴はなんと言っても全額が所得控除として使うことができるという点です。

 

最大月7万円の掛け金ですので年間で84万円の控除が受けられます。
専従者がいれば共同経営者として加入できるので夫婦で168万円の控除となりますのでその凄まじい節税効果がわかるでしょう。
もっと調べたい方はこちら節税 税理士←ここ。

 

 ただし、退職金のため積み立てた掛け金はお店をたたんだり、もしくは65歳以上になってからでないと、請求することができなかったりと、厳しくはありませんが、請求する条件がありますので加入前によく読んでおきましょう。普通の解約となると元本割れすることもありますので、欲を出して生活に困るほど高い掛け金にしてしまわないように、財布と相談しながら利用しましょう。